ホーチミンシティーの小学校

旅行の時期

View857

ホーチミンシティーの小学校の休み時間を覗く、または・・通りの反対側からでもその「ウワァン」とくる歓声には圧倒され感動を覚える。
1敗同士の横綱が千秋楽で激突(小手投げで・・)しても、声援の音量は小学生のパワーに押し出される。
街路樹の幹は震え、雀よろめき、鋼鉄の門扉に触れるやビリビリと手がはね飛ばされる、ほど。
大半の家族の子供は2人以上と言われ、学校は満杯。校庭ではドッジボール、三角ベース、ゴム跳び、めちゃぶつけなどで子供が走り回って・・・ない。
それは江戸の話。ここでは混み過ぎて跳ねるのも投げる姿もない。白シャツの子供達は満員すし詰め状態ではしゃぎ、唄い、歓喜と嬌声と無邪気な熱気をほとばしらせている。
ホーチミンシティーの小学校、元気になるから是非立ち寄ってみてください。
2030年2040年、2050年。この子供達は間違いなく(少子化)東京で躍動して・・
ベトナムの勝ち。

記事登録日:2014-03-19