ベトナム政府が随時旅行促進計画。外国人観光客へは10-12月期か

国内旅行は回復基調に。海外旅行も前倒しで早まる可能性もあり

ベトナム政府の発表では新型コロナの新規感染者を抑えることができたことにより、随時観光促進の政策を実施するとのこと。まずはベトナム人によるベトナム国内旅行を喚起する政策を実施。世界遺産や各種観光スポットの入場料を割引、もしくは無料で開放。さらに10-12月期に向けて海外旅行者の入国の準備もしているとのこと。無論世界の新型コロナの情勢によっては早まる可能性もありますが、先日ベトナム同様新型コロナの封じ込めに成功した台湾も外国人の受け入れは10-12月期との発表があったので、少なくともアジアはこの時期らへんに足並みをそろえることが予想されます。




上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2020-05-27

ページTOPへ▲

その他の記事を見る